お詫び


4月29日に「介護保険 使い方 ざっくり講座」を投稿しましたが、その中の
①介護保険が必要になり申請しますと・・・「要支援1・2」「要介護1~5」・・・援助をしてもらえます。 そのために・・・、事前・もしくは必要になった時に申請をしますが・・・。一案ですが何でもない時に申請をしておくと、実際の時に楽だと思いました。

上記の太字の部分が間違っておりました。私の所に来て下さったケアマネージャーさんの話を、しっかり把握しないまま投稿してしまいました。申し訳ありません。訂正してお詫びをいたします。

正しくは、「何でもない時は、介護保険の申請は出来ません。」
介護保険申請には、掛かり付けの医者の意見書が必要で、自治体の担当者が先生と面談し、又介護を受けたい本人にも面談し、その結果をコンピューター(全国一律の介護保険申請判断システムによって)に打ち込みます。
その結果を基にいくつかの担当部署で検討した上で、非該当・要支援1~2・要介護1~5と判定されるとのことです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です