入院中のアレコレ 1


先にもアップをしましたが、4月11日~20日迄、人工股関節の手術で入院をしていました。その間のアレコレをいくつか・・・。

○まず最初から少々下ネタですが・・・
超若い新人男性看護師(以下A)と、私の隣のベッドの患者さん(やや認知症気味)で80歳位の女性(以下B)との、消灯直前の会話です。

A 「トイレに行きますか?(Bは一人では歩行が出来ないので、声をかけました)」
B 「オシッコの管(尿導管のこと)、付いてんでしょう?」
A 「それは、もうはずしちゃいましたよ。トイレに行きたくなったら、ブザーを押して下さい」
B 「オシッコ、しちゃっても?」
A 「・・・・・・・・・・・・」
B 「気持ち、悪いから?」
A 「・・・・・・・・・」
B 「まあ、それでもいっか!」
A 「・・・・・・・・・・・」
私→笑いをこらえるのに必死!人生の大先輩のみごとな会話に拍手。

○その後の、新人男性看護師(以下A)の挽回編。90歳位の女性(以下C)との、起床時間の6時頃の廊下での会話。

C 「ウフフ・・・私・・・昨晩・・・外出したのよ。」(ここは病院。夜の外出などもっての他。多少認知症なのでしょう。)
A 「どこに行ったのですか?」
C 「聞かないで。ウフフ。」(私も人生で一度くらい、こういう意味深な言い方を、若い男性相手にしてみたいものです!)
私→Aは日々成長していますね!みごとな対応なので、直後にAが私のそばに来たので、「いい会話だったわねえ。私、勉強になったわ。ありがとう!」と。彼のはにかむ表情をご想像ください。入院生活にも、こんな珠玉の瞬間があるんですね。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です