「私の宝物の料理教室」 2


昨日の続きです。

最終回の今年2月のパーティのラストに、皆さんから色紙を頂きました。真ん中に大きく「これからもよろしくお願いします!!」とあり、4分割をしてそれぞれの思いをぎっしり書いて下さっていて、読むうちに涙がこみ上げてきました。

「東京の母 さなえさん・・・私の心の支えのひとつに・・・」
「KYOという僕たちだけの特別な絆と・・・」
「大学に入って、会えて良かったです・・・どれもおいしくて・・・」
「この会で知り合った友人は財産です・・・」

そして、アルコールを飲む私のために、学生の一人の故郷が青森なので、津軽の味わい深い作りの高級なグラスを!お金がそうそうあるはずもない学生たちなのに・・・。みんな、本当にありがとう!!!

***

実は昨年のクリスマスパーティの時に、「もう卒業したら・・・みんなとは・・・」と私は涙ぐみました。楽しかった分、別れる寂しさが胸に込みあげて来たのです。
そうしましたら、全国に拠点のある会社に就職した女性が「はい!私はどこに配属されても、新幹線できまーす!」「僕も日にちが合ったら、是非来たいです!」「私は国家試験を目指しますので、まだ大学にいるので大丈夫です!」「僕も来たいなあ!」
今度は・・・嬉し涙が・・・。

次回は6月ごろの予定です。
リクエストメニューの内、まだ作っていないお料理のいくつかを中心にメニューを考えようと思っています。
「豚小間チャーシュー」「チキンカツ」「アスパラのベーコン巻き」「ドレスアップしたオムライス」・・・一人でも集まってくれたら開催します。お仕事を中心に、無理をしないで来て下さいね!待っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です