毎食時、生キャベツ8分の1を食べて下さい!


昨年の夏ごろ受けた健康診断の結果を地元の内科医に見て頂きましたら、「まずは体重を落とそうか?毎食の最初に生キャベツ8分の1を食べて、それからたんぱく質を・・・・」と、アドバイスを受けました。(詳細は、11月の「ささやき」) その後の毎月の診察日には、まるで栄養士さんのように具体的なアドバイスを下さいます。そしてそのご指導に従い、体重は少しずつ減ったり増えたりを繰り返しながら、現在は当初より3キロほど落ちました。

そのような過程の中でその内科医に、「私は歯が良くないので、キャベツの芯の固いところが食べられないのです・・・」と話しましたら、「もったいないなあ!根っこや皮や芯のような捨てるところに栄養が集まっているんだよ!なんだか、料理教室みたいだなあ・・・フフフ・・・」「いえいえ、日々の食事が大切なことは頭ではわかっています・・・、何とか工夫してみます!」と、つい私は言ちゃいました!

それである日、キャベツの一番外側の葉っぱや固い芯・菜っ葉やネギの根っこ等の普段は捨ててしまう部分をきれいに洗い泥を落とし、ある程度まとまったら全部を鍋にいれ水を加えて煮てみました。何の期待もしていませんでしたが、20~30分ほどコトコトと煮たものを飲んでみましたら、なんと野菜から出たうま味と甘みがほんのりと!!これをザルで濾して、味噌やコンソメ・中華だしをその時の好みで入れスープにして楽しむようになりました。

次はテレビからの情報です。テレビで玉ねぎの茶色い皮をやはりきれいに洗って、先ほどと同じように水から煮て濾し、紅茶として飲んでいました。映像の中のゲストが、「わー、これは美味しいですね!」と言っているのを見て、「え~本当?ゲストはそう言うしかないんじゃない~」と思いました。しかし、「一度は試してみるか!どうせ玉ねぎの皮は捨てちゃうんだから」と、中位の玉ねぎ2個の茶色い皮に水400CC位を入れて、真似をしてみました。なんのなんの、ゲストが言ったように「美味しい!」と私も言ってしまいました!もし気が向きましたら、だまされたと思ってやってみてくださいね。

次は私の実験内容・・・?皆さんにご紹介するほどのものでもないのですが、結果がまあまあでしたので・・・。
上述の捨てる野菜をスープにするのも飽きた頃、スムージーにしてみようかと、くず野菜を適当な大きさにして、水も適当に入れてミキサーにかけてみました。舐めてみたらどろっとしていて、煮るより野菜の甘みが濃くて美味しかったんです!
本来スムージーは「凍った野菜と果実と、水」をミキサーに入れて作るそうです。でも今は寒い時期ですし、野菜を冷凍にしなくてもいいかなと、そしてあまり甘いのは好きではないので、果実に変えて大根おろしをしぼったものを入れてみました。美味!

何でもそうですが、自分で考え行動し、失敗をしながらも少しずつ自分なりの結果を得られると、喜びに変わりますよね! それがこのスムージーでした。今月の診察日にこのことを内科医に報告するのが、とっても楽しみです。先生に喜んで頂きたくて、ついつい頑張っちゃっている私です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です