バザーのお手伝い


今日は長年ボランティアをしている団体の、年に一回のバザーのお手伝いに行ってきました。天気もまあまあで、その団体が借りている施設の入り口前の駐車場には古着がたくさん展示されていました。建物の中に入ると、一階・二階にバザー用品や協賛してくださる企業からの品物が、あふれんばかりに並べられていました。

私はお手伝いをする前に、皆に遅れてはならじと恥ずかしながら少々目の色を変えて、まずバザー用品を物色!その団体の仲間との久しぶりの再会のおしゃべりももどかしく、あっと言う間に大きな袋一杯に買い物をしていました。

その後、バザー用品の売り子になり、口八丁・手八丁?で(私だけではありません・・・。どの売り子さんも笑顔が素敵すぎて断れないシーンがあちこちに・・・。)、どんどん売りさばきあっと言う間にほとんどを完売!

多くのボランティアの方々の力を結集したバザーの成果を目の当たりにし、感動しきり。そして、その団体は70歳定年制があり、その年齢を越ぎた大先輩が何人もお顔を出して下さり、かつて共に学び示唆を与えて下さった方々のお元気な姿を拝見することが出来て、何だかとっても嬉しくなりました!

私も定年まであと3年。今日、お会いした大先輩のように、イキイキとした姿でいられるかなあ?そういう自分になっていたいなあと、とても力を頂けた日でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です