どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサル シアター!


友からの案内で、視聴覚障害者がいつでも好きな時に映画が見られるようにと、常設の映画館を開く運動に少しだけですが協力させて頂きました。そしてとうとうその映画館が開館いたしました。

映画館の名前は「チュブキ」http://chupki.jpn.org/  その案内には「目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサル シアター。たくさんの人々の募金によって、日本一小さくて、日本一やさしい映画館が、 2016年9月1日。東京都北区田端にOPENしました!」とあります。

先日行ってきました。本当に小さくてわずか20席の映画館です。(週末や祝日は予約必須です)それぞれの席にイヤホーンが設置されていて、障害者のために映画の内容・場面に応じて説明をしてくれます。

私が鑑賞したのは、先月の朝日新聞の土曜日版で紹介されていた「みんなの学校」。公立の大阪市立南住吉大空小学校が舞台で、特別支援教育の対象になる子も一緒に学び「不登校ゼロ」を目指します。木村泰子校長先生を筆頭にそれぞれの先生が、同僚にも児童にも暖かくも厳しく接します。この映画を見ながら「平等」とはこういうことをいうんだなあと胸が熱くなりました。

この映画は昨年の文化庁芸術大賞を受賞し、今月末まで上映されます。もう一度見たいので又行きます。また笑ったり泣きたいからです。もう1本の方の「さとにきたらええねん」は、今年の文化庁芸術大賞受賞作品です。

アクセス→JR田端駅北口改札口を出て右→突き当たったら左にある横断歩道を渡ります→下りの道の方を選び、自転車置き場が現れたら、右にある横断歩道を渡り、そのまま道なりに歩きます。右側にある業務スーパーの手前にある間口1間ちょっとの茶色のビルが「チュブキ」です。駅からゆっくり歩いても10分弱です。

追伸→北口駅に併設されています「アトレビュ」という商業施設の一階にあるパン屋さんは、どれを見ても食べたくなっちゃいます。私は塩ロールパンと山形食パンを買いましたが、絶品!鑑賞後に良かったら覗いて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です