長蛇の列! 伊藤若冲(じゃくちゅう)展


今、上野の東京都美術館で「伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)展」(5月24日まで)を開催しています。この展覧会は4月22日からで、作品を守るとのことで展示期間は約1月間の短さです。(通常展覧会は、大抵2月間位は開催しています)

そのせいか、NHKが伊藤若冲を紹介する番組を、角度を変えて何回も放映したためか、若冲の今でも通じる感性の鋭い作品のためか、ネット上ではこの展覧会の半端無い混雑を連日伝えています。

数日前のお昼ごろに友人と会場に行きましたが、やはり正門の前には多くの人が行列を作っており、最後尾と書かれたボードを掲げていた美術館の係の方が、「これから並ばれる方は3時間20分待ちです」と疲れ切った表情で大声を張り上げていました。

係の方に伺いましたら、開門前(9時半)でも千人以上の方が並んでいるとか・・・。

私たちは、5月とはいえ指すような暑い日差しの中、その行列に圧倒され再チャレンジをすることにしました。しかし策は無く、果たして鑑賞することが出来るかなあ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です